Cambly(キャンブリー)のコースにはどんなものがあるのか?初心者から上級者レベルまで対応しているのか?

また、Camblyで学べる、ビジネス英語・TOEIC・IELTS・TOEFL対策・フリートークなどの詳細は?

その他、Camblyでは外国人向けの日本語から、中国語、フランス語、グループレッスンにも対応しているのか?

この記事では、Camblyのコース・カリキュラム・教材について詳しくまとめました。

※ここで掲載している「コース」とはレッスンコースの事であり、料金「プラン」の事ではありません。

Cambly公式サイトと無料体験を詳しく見る

Camblyのコースのレベルは?初心者や上級者にも対応?

Camblyのコースのレベルはどの程度なのか?不安に感じる方もいるかと思います。

Camblyでは、各コースごとに初心者から上級者まで学べるように設計されています。

また、別の項目でもご紹介しますが、英会話の基礎コースでは、超初心者向けの教材が用意されています。

そのため、どのレベルの方でも受講できるようにサービスが提供されています。

 Cambly公式サイトで詳しく見る

Camblyのコース一覧

Camblyのコースは、おおまかに「英会話基礎」「専門能力の開発(ビジネス英語」「自己表現」「試験対策(IELTS・TOEFL)」の4つに分かれています。

その4項目の中に、さらにカリキュラムや教材が分かれており、それぞれ初心者から上級者までレベル分けがされています。

ご紹介しているカリキュラムや教材のあとに、カッコ書きでレベルを掲載しました。

もし、Camblyを利用される方は参考にしてみてください。

また、カリキュラムや教材の使い方、料金については、別の記事にまとめていますので、ご覧ください。

※関連記事

 Cambly公式サイトで詳しく見る

基礎英会話

基礎英会話は、英語での流暢な会話をできるようにするコースになっています。

初心者・中級者・上級者向けだけでなく、超初心者向けもありますので、英会話に自信がない方はこちらを利用する事ができます。

  1. 完全な初心者向けのレッスン(初級)
  2. 英会話初心者のトピック(初級)
  3. 英会話中級者のトピック(中級)
  4. 英会話上級者のトピック(上級)

Camblyコース 英語基礎
出典:Cambly

※受講者の声

 

専門能力の開発(ビジネス英語)

専門能力の開発では、主にビジネス英語を学ぶ事ができます。

プレゼンやスピーチなど、職場でのビジネス英語だけでなく、就職・転職時の面接対策なども学ぶ事ができます。

  1. ビジネス英語(中級)
  2. 上級ビジネス英語(上級)
  3. プレゼンテーションとスピーチ(全レベル)
  4. 英語面接対策(全レベル)
  5. 専門性の高いトピック(上級)

Camblyコース 専門能力
出典:Cambly

自己表現

こちらは、英語での自己表現力をあげるためのカリキュラムや教材になっています。

こちらは初心者と中級者向けになっており、インターネット・健康・テレビ・映画・子育てなど、身近な話題で会話する事ができます。

  1. インターネット時代の生活(中級)
  2. 地球への思いやり(中級)
  3. 健康な心と体(中級)
  4. テレビと映画(初級)
  5. 子育て(中級)

Camblyコース トピックトーク
出典:Cambly

試験対策(IELTS・TOEFL)

試験対策は、IELTSとTOEFLのスピーキング対策をする事ができます。

ただし、IELTSに関しては、スコアが5以上の方が対象となっています。

また、あくまでもスピーキングの対策で、その他技能の対策はできませんのでご注意ください。

それ以下の方は、基礎英会話から学ぶよう推奨されています。

  1. IELTSスピーキング・パート1(全レベル)
  2. IELTSスピーキング・パート2(全レベル)
  3. IELTSスピーキング・パート3(全レベル)
  4. IELTSスピーキングテストの過去問題(全レベル)
  5. TOEFLスピーキング練習(全レベル)

Camblyコース 資格対策
出典:Cambly

フリートークの話題は?何を話す?

Camblyはコースを選択せずに、フリートークをする事もできます。

話題は講師と決める事ができ、指定のコースにあるトピックでなくても大丈夫です。

Cambly フリートーク
出典:Cambly

何を話すべきか迷ってしまう方もいるかと思いますが、実際にCamblyを使った方が話した話題としては以下のようなものがあります。

  • 自分の英語発音が合っているか?
  • その英語講師の国の文化やニュース

その他にも、趣味が同じ講師を選び、その趣味について話ても良いと思います。

 Cambly公式サイトで詳しく見る

CamblyでTOEICスピーキング対策はできる?

これまでにご紹介してきたとおり、CamblyではTOEICスピーキング対策やその他対策のコースはありません。

しかし、Camblyの講師によっては、TOEIC対策に対応してくれる方もいます。

講師のプロフィールには「専門分野」という項目がありますので、そちらにTOEICと記載されている講師を選ぶと良いでしょう。

Cambly講師の専門性1

Cambly講師の専門性2

Cambly講師の専門性3

出典:Cambly

Camblyにグループレッスンはある?

Camblyでは、以前グループレッスンが提供されていました。

しかし、当記事更新時点の現在はグループレッスンはなくなり、マンツーマンレッスンのみになっています。

そのため、グループレッスンで英会話を学びたい場合は、別のサービスを利用する必要があります。

ただし、グループレッスンだと、一人あたりの話す時間が限られるなど、デメリットもありますので、そちらもよく検討してみてください。

 Cambly公式サイトで詳しく見る

Camblyに日本語・中国語・フランス語のコースはある?

Camblyは基本的にオンライン英会話であり、英語での会話を学べるサービスです。

しかし、中国語やフランス語を学びたいとか、外国人の方で日本語を学びたいといった方もいるかと思います。

残念ながら、当記事の更新時点では、Camblyで日本語・中国語・フランス語の会話学習は提供されていませんでした。

今後、それらのコースが増える可能性はありますので、公式サイトもチェックしてみてください。

 Cambly公式サイトで詳しく見る

Camblyのコースまとめ

このように、Camblyのコースは、主に「英会話基礎」「専門能力の開発(ビジネス英語」「自己表現」「試験対策(IELTS・TOEFLのスピーキング対策)」の4つに分かれています。

さらに、講師と話題を決めてフリートークをする事もできます。

残念ながら、外国人向けの日本語や、中国語・フランス語のコースはありません。

また、以前あったグループレッスンは、現在する事ができません。

日本人のニーズが高いTOEIC対策については、コース自体はありませんが、対応してくれる講師を選ぶ事で教えてもらう事ができます。

このように、Camblyのコースには、様々なニーズに対応してくれていますので、まずは無料体験してみてください。

Cambly公式サイトと無料体験を詳しく見る